キックスタートとは

キックスタートとは人力でエンジンを始動させる方法になります。セルスターターが無くキックスターターしか備えていないバイクもあり、普段はセルスタートでエンジン始動させている方も使い方をマスターしておくと便利といえるでしょう。キックスターターは仕組みとしては車のクランク棒とほぼ同じ働きをすると考えられます。特にバッテリーが上がってしまった場合やエンジンの調子が悪い場合にはキックスタート必須となってくるでしょう。最近ではセルスターターが主流となってきておりキックスターターのみの車両は減ってきておりますが、補助用にキックスターターを備えているバイクは今でも存在します。

キックスタート式のバイク車種

キックスタートを搭載したバイク車種をご紹介してきます。車体の右側にレバーがあり、そのレバーを思い切りキックすることでエンジンを指導させる、あの昔ながらの魅力あふれるバイク達になります。

ヤマハ・SR400

キックスタートの定番ともいえるヤマハ名車SR400。400ccですが日常でも優雅に使える人気のバイクです。キックスタートはそれなりに力が要りますが、ハンドルも軽くこれぞSR400と感じさせてくれる良いバイクです。ハンドルから伝わってくる振動も心地よくとてもおすすめです。


 

カワサキ・W650

大型バイクであるカワサキW650、非常に安定した走行ができるバイクです。シートもかなりすわり心地がよく、快適な姿勢で、長時間運転することができます。W650はオートデコンプとなっていてキックアームを踏んだ瞬間にデコンプ動作が行われるので、キックは比較的シンプルで軽いといえるでしょう。


 

ホンダ・CB400SS

ホンダの中でも人気が高いレトロクラシックバイクのCB400SS。見た目もカッコよくなんといってもキックスタートがとても軽いことが特長です。非常に軽いキックでエンジン始動できるので女性の方やキックスタートに自信がないという方にもおすすめです。


 

実際にキックスタートを行ってみました!

キックスタートに初挑戦!ということで人生初のレンタルバイクとしてSR400を借りてチャレンジしてみました。

初キックスタートの感想としては

・シンプルに難しい
・失敗時の体力の減りがハンパない
・エンジンがかかると気持ちが良い
・街中でエンストすると恐怖でしかない

という感じです。キックスタートが上手くできない時のコツとしては

・体重を乗せて(腰を浮かせて)踏み抜く
・キックは体の中心(土踏まず)
・キックペダルは真下ではなく弧を描くように踏む
→最後まで回転させるイメージで思い切り一番下まで踏み抜くとエンジンがかかりやすいです。

まとめ

キックスタートは慣れるまで苦戦しますができると非常にかっこいいですね。最近はセルスタートのバイクが主流になっていますが、キックスタート自然にできる人こそ渋い大人といえるのではないでしょうか。キックスタートに纏わるエピソードがありましたら是非ともシェアしてみて下さい。

その他ブログはこちらから

ニリーンブログはこちら