インカムツーリングってどうなの!?

お久しぶりです。どうもこんにちは、ニリンジャです。

皆さんインカムを使ってツーリングしたことありますか?どうせカップルが2人乗りするときに使うやつでしょ。通信途切れずにちゃんと話せるの!?、、そう思っているあなた、わかります。ニリンジャもなかなか手が出せませんでした。

そこで今回はインカムをヘルメットに設置してツーリングの準備をしてみようと思います!

今回のインカム:B+COM6X

今回設置するB+COMSB6X ペアUNITはB+COMシリーズの中でも多機能なハイエンドモデルとなります。B+COM6Xはグループで会話する際に活躍する『聴きトーク』機能を搭載していますのでグループツーリングにスマホの音楽やナビ音声案内などを聴きながらでもストレスなくのツーリングができます。

セット内容も盛りだくさんでテンションが上がります。
●セット内容
B+COM 本体ユニット × 2
ヘヘルメット用高音質ステレオスピーカー(USB Type-C オス)× 2
アームマイク × 2 ワイヤーマイク × 2
マイクレスキャップ(本体に装着) × 2
アームマイク用スポンジ × 2
ワイヤーマイク用スポンジ × 2
ハイブリットベースプレート × 2
ワイヤークリップ × 2
ベース用保護ラバー(ワイヤークリップ用)× 2
ベース用面ファスナー(貼り付け用)× 2
ベース用両面粘着シート(貼り付け用)× 2
スピーカーハーネス固定用クリップ × 2
スピーカー固定用調整パッド × 8
スピーカー固定用 面ファスナー(オス/メス)× 4
充電用USB Type-C ケーブル× 2
クイックマニュアル × 1
ユーザーズマニュアル兼保証書 × 1

セット内容

B+COM6X:設置方法

STEP1:ヘルメットに合うマイクを選び

マイクには2種類あって、アームマイクとワイヤーマイクの2種類ありますが、ヘルメットのタイプによって最適なマイクがあるようです。今回はこちらのニリンジャ御用達のフルフェイスタイプに設置しようと思います。

フルフェイスタイプにはワイヤーマスクが合うそうなのでこちらを設置しようと思います。

STEP2:ベース取り付け

次にB+COM6X(ビーコム)を設置するベース取り付けに取り掛かります。シールタイプとワイヤークリップで挟み込む2パターンありますが、今回はワイヤークリップを使って設置してみます。組み立てた完成品はこちら。

精密ドライバーが必要になるのでご注意ください。完成品をヘルメットに差し込むとこんな感じになります。

スタイリッシュでかっこいいすね。

STEP4:マイク&スピーカーの取り付け

ワイヤーマイクのコネクタをB+COM本体に接続します。

同様にスピーカーのコネクタを接続していきます。

ケーブルの配線をしてスピーカーとマイクの先端をヘルメットに貼り付ければ完成です。

思った以上にパーツが多くセッティングに時間かかりましたが、スタイリッシュで自然な仕上がりになっています。

いざ、ツーリングへ!!

動作確認も行い準備OKなので早速ツーリングで使ってみたいと思います。B+COMを複数人で使ってGoProで撮影しながら東京都内でインスタ映えスポット(「東京ゲートブリッジ」「お台場」「レインボーブリッジ」「東京タワー」「スカイツリー」などなど)を駆け巡る予定です。

B+COMの使用感レポートも配信予定なのでお楽しみに。

 

その他ブログはこちらから

ニリーンブログはこちら