【試乗レポート】トライクの完全まとめ。基本機能の使い方解説から、駐車場探しまで!

車よりバイクがいいけど、二輪しかないないから怖くて乗れないという方多いと思います。そんな方に最適な乗り物に「トライク」があります。3輪のためバランスがしっかりとられており、車とバイクのいいとこどりしたバイクになります。そんな「トライク」について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

トライクって何?

女性や高齢者でも運転しやすい原付バイクですが、実技講習はあるものの試験は筆記のみで免許が簡単に取得できてしまうため、交通事故も多いのがデメリットです。また走行規制も多く、地方では便利な原付ですが都心では走りにくくなっています。

やはり、最高速度が時速30㎞というのも、原付バイクのデメリットとなっています。そんなバイクユーザーが、近年注目しているのがトライクです。見た目にもスマートで女性にも運転しやすく、買い物からツーリングまであらゆるシーンで活躍する自動三輪は転ばない安心感があります。

街中でも見かけることが多くなったトライクとは一体どんなバイクなのか。基本的な機能から使い方や駐車場はどんなものを使えばいいかまで完全解説!最後に試乗レポートもありますので、最後までじっくりとご覧ください。

車両タイプ、特長

3輪バイクと言えば、ピザの宅配でも見かける、る前1輪、後2輪のバイクをイメージすると思います、このような3輪バイクは、荷物を後ろに乗せて走ることを想定して作られているので、通常の二輪車と同じようにカーブ走行時に車体を傾けて走ります。

タイヤは3本ありますが、「特定大型自動二輪車もしくは特定普通自動二輪車」に分類されます。トライクは前1輪、後2輪で構成されており、中型二輪や大型二輪と違いカーブで車体やタイヤを傾けることなく走ることができます。それだけ安定感があり、転びにくくなっているのもトライクの特徴で力のない女性でも乗りやすく見た目にもおしゃれなのも特徴です。

必要免許

形状が独特なので、中型二輪や大型二輪免許のように特殊な免許が必要なのでは?と思われるかもしれません。道路交通法の車両区分では、トライクは普通自動車に区分されています。ということは、普通免許を取得している人はトライクの運転ができるということです、もちろん、高速道路も法定速度80km/hで走行することもできます。

ちなみに、トライクの搭載エンジンが50cc以上であれば「側車付軽二輪」、250cc以上であれば「側車付オートバイ」に分類されますのでタンデム走行も可能です。125㏄や300㏄、750㏄と排気量も色々でおしゃれなデザインが日本でも増えています。

車検や維持費など

250cc以下のトライクには車検は発生しません。その代わりに、自分で点検整備を行いバイクの寿命を守る必要があります。基本的にはエンジンオイル交換や駆動系の点検整備で、法定1年定期点検はありますが早めに行なうことをおすすめします。

125㏄~250㏄のトライクで15,000円程度でメンテナンスしてもらえます、自分でできれば、お金もかかりませんので大切なトライクを長く乗り回すためにメンテナンスは欠かさないようにしてください。

トライクは重量感があるために、通常のバイクよりも走行に負荷がかかっています。特にエンジンオイル交換は小まめに行い、少しでも動作に違和感があれば点検整備(デフオイル交換やトライクユニット各部の増し締め)のチェックを行ってください。

トライクの維持費は、基本バイクと同じと考えてください。250cc以下なら同じ250㏄のバイクと同じ、250㏄以上の大型は、同じ大型二輪と同じ維持費が必要です。

どちらにしても、年間で15,000円程度(自動車税・重量税・自賠責保険)ほどの維持費が必要になります。250cc以上のトライクは、プラス車検が必要になりますので忘れずに車検を受けてください。

ヘルメットの有無

トライクは道路交通法上では普通自動車となっていますので、基本的にはヘルメットの装着義務は発生しません。ですが、体がむき出しであることや一般道路は法定速度60km/で走行できることを考えると、自分の身の安全の為にヘルメットの装着をおすすめします。また、車と違って小石や虫などが走行中に目に入ることもありますので、転倒から頭部を守るだけでなく安全に運転するためにも、ぜひヘルメット着用は検討してください。

車庫証明の有無

トライクは車体が大きい為に、原付感覚で自宅に駐車するのは難しいでしょう。十分なスペースを確保して、自宅に駐車しましょう。大型トライクになると軽自動車並みの長さになるので、普通自動車を駐車できるスペースが必要です。車庫証明は必要ありません。

加入する保険は車?バイク?

普通免許があれば運転できるトライクですが、保険は普通のバイク保険に加入します。

【現地レポート】実際にトライクを駐車してみました

・今回の車両の紹介
ハーレーダビッドソン「トライ グライド ウルトラ」

車種:ハーレーダビッドソン「トライ グライド ウルトラ」
特徴は後輪2つの3輪タイプ。全長2,670mm、排気量1,868ccなので大型でパワフルな車両です。

トライクの駐車場ってどうしてるの?

見ての通り、堂々とした後ろ姿はどこからみても自動車です。このようにトライクは、自動車扱いとなりますので、駐車場では堂々と車を停めるスペースに駐車します。少々スペースを持て余してしまいますので、軽自動車専用スペースがあればそちらに駐車するのもおすすめです。

トライクが入庫可能なバイク駐車場を発見

駐車場名:住友商事竹橋ビル

弊社が管理している住友商事竹橋ビルに駐車してみました。駅から徒歩2分の駅近な駐車場で、全長最大3000mmまでのバイクを停めることが可能です。トライ グライド ウルトラが、丁度いい感じに車体が収まってピッタリです。なにより、雨に弱いバイクを守ってくれる完全屋内型の駐車場ですから、台風がきてもバイクはびくともしません!通常の駐車場を安く借りることができるので、おすすめです!

【試乗レポート】転ばない!かっこいい!!ただ慣れるまで取り回しが難しい⁈

バイカーなら一度は乗ってみたいハーレーダビッドソン「トライ グライド ウルトラ」をお台場でレンタル、住友商事竹橋ビルまで運転しました。乗り慣れるまで一旦練習したほうがいいかなと思いきや、我慢できずに早速レビュー含めて乗ってみることにしました。

三輪ならではの安定感はもちろんですが、「さすがハーレー!」と思わず叫んでしまいたくなるかっこよさがありますね。トライクはヘルメットなしで走行できますが、これはヘルメットがないと格好がつかないですね。
ハーレーは怖いとか、自分には乗りこなせないと思っている人もトライクなら楽々です。通常のバイクの場合には、乗りなれていないと 転倒する可能性もありますが、安定感のある三輪のトライクはハンドル操作さえマスターすればバイクより安心です。二輪という不安定から解放されるので、より安全にバイクを楽しみたい方に欠かせません。

ハーレーダビッドソンのラインナップの中でも、トライクモデルはかなり特別感があります。ハーレーユーザーでも、これを見たら乗りたい!と思うのですから、普通自動車免許で乗れるとくれば二輪免許を持たない人が飛びつかないわけがありません。デザインもおしゃれで、街中では見かけることも少ないので信号待ちでは周囲から注目されているのがわかりました。

ただ、バイカーにとってはハーレーは特別な存在で簡単に手にするのもはばかれます。ハーレーダビッドソンだと分かりやすいフロントはもちろん、堂々たるリアタイヤや車幅の広さはバイクというよりは乗用車といっても遜色なし。どっしりとした風貌の通りに、横風にも強く安定感抜群です。ただ車体が大きく重量感があるので、カーブを曲がるときにハンドル操作が少し難しく感じました。通常のバイクのように目線や車体を傾けずに曲がらなくてはいけないのは、慣れるまで大変かもしれません。ぐらつきなどもないので、ロングツーリングでも疲れにくく乗り回しやすいオススメのトライクです。

今回はヘルメットなしで運転してみました。風を切って気持ちがいい…と言いたいところですが、砂や小石などが飛んできたりとハラハラすることもありました。ヘルメットの着用は義務付けされていませんが、個人的にはロングドライブ以外でもヘルメット着用をおすすめします。スピードも60㎞/h出るとなると、リスクが高くなることも加味したいです。

ハーレーでオープンカー感覚を体験したい

映画などでハーレーをノーヘルメット(イージーライダー)で運転しているのを見て「カッコいい!」と憧れたものです。ハレーに乗る人は、少なからずオープンカー感覚でバイクに乗りたいと思うのではないでしょうか。車両が大きいので、駐車場所を探したり取り回しや運転に慣れる必要もあります。特に、ステアリングで曲がるというのは長く中型や大型バイクに乗っていると車体を倒すのに慣れてしまい上手く曲がれないのです。ですが、慣れてしまえばアクセルワークで上手く乗りこなせるようになりますし、足をつくことなく乗り回せます。

気になったのはスイング機構を備えていないトライクなので、道路の凹凸や傾きで車体がぶれてしまいます。車体が大きく重量があるので、転倒の心配はないのですが慣れない間はびくついてしまいます。日本の道路は、ハーレーのような大型が走ることを想定して作られていないので、雨の日は慎重な操縦が必須。よほどの乱暴な運転をしない限り、走行中の転倒は心配はないので、街中やロングツーリング前にはある程度乗り回しておくといいでしょう。

ハーレーに乗りたいけれど、普通自動車免許しか持っていない、オープンカー感覚でバイクに乗ってみたい人は一度試乗してみることをおすすめします。

ニリーンでは、トライクの他にも試乗レポートを行っています!こちらもぜひ読んでみてくださいね。

【試乗レポート】トリシティ300の完全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで!
【試乗レポート】実際に借りてみた!レンタルバイク特集
【試乗レポート】女性ライダー必見!カワサキ Ninja250の足つき、操作感など